スズキ・ハスラーの年代別保険料の目安

スズキ・ハスラーのイメージ

スズキ・ハスラーで自動車保険に入る場合の保険料を、年代別に見積もりし試算してみます。

見積もりはハスラー・MR41Sで行いましたが、型式が異なっても現時点では保険料に影響することはありません(今のところ車両料率クラスが軽自動車では存在しないため)ので、ハスラーの全ての型式の保険料と理解してください。

ただし、近いうちに軽自動車にも「車両料率クラス」が導入される予定となっていますので、導入されれば型式によって保険料が微妙に異なるかもしれません。

軽自動車にも2020年1月1日までに普通車と同様の「型式別料率クラス」を新たに導入することになりました。

軽自動車に型式別料率クラスが導入されると保険料は上がるの

ハスラーの年代別任意保険料の目安はどれくらい

ハスラーで任意保険に加入する際の保険料を年代別に見積もりしてみます。

見積条件を表示する

見積もりをする保険会社は、ダイレクト自動車保険のソニー損保、イーデザイン損保、セゾン損保(おとなの自動車保険)の3社としました。

  • 車種・型式:スズキ・ハスラー(MR41S)
  • 初度登録:2015年10月
  • 等級:6等級及び13等級
  • 免許の色:ブルー
  • 運転者の範囲:本人と配偶者
  • 使用目的:日常・レジャー
  • 年間走行距離:5,000キロ以下
  • 契約者の所在地:北海道
  • 対人・対物賠償保険:無制限
  • 人身傷害保険:3,000万円(搭乗中のみ補償タイプ)
  • 搭乗者傷害保険:なし
  • 車両保険:一般車両型
  • 車両保険金額:140万円
  • 免責金額:1回目5万円-2回目以降10万円
  • 弁護士費用特約:あり

見積金額は、インターネット割引と証券不発行割引(紙の保険証券は不要)が適用された後の金額になります。

また、今回のハスラーには「自動ブレーキ」が装備されていませんが、最新のモデルには自動ブレーキが装備されているため、装備されていれば「自動ブレーキ割引」として9%が保険料より割引されます。

見積条件は「+」をクリックすると開き、「-」をクリックすると閉じます。

保険会社3社の平均的な保険料(6等級と13等級)

初めて任意保険に入る際の6等級と、任意保険加入から数年経った13等級の保険料が下記のものです(保険会社3社の平均的な保険料)。

等級 年齢及び年齢条件 保険料
車両保険なし 車両保険あり
6等級 22歳(21歳以上補償) 52,950 111,100
27歳(26歳以上補償) 28,040 63,760
13等級 27歳(26歳以上補償) 26,950 54,390

6等級でも年齢が26歳を超えると(年齢条件に「26歳以上補償」をセットできれば)保険料はかなり安くなります。

保険会社ごとの保険料

13等級を例に保険会社ごとの保険料をみて行きます。

スズキ・ハスラーの保険会社ごと保険料の目安

年代 保険会社 保険料
(車両保険あり)
保険料
(車両保険なし)
20代
(27歳)
イーデザイン損保 45,140円 26,500円
ソニー損保 49,890円 26,390円
セゾン損保 68,150円 27,980円
30代
(36歳)
イーデザイン損保 36,590円 21,820円
ソニー損保 41,960円 21,510円
セゾン損保 43,330円 27,250円
40代
(45歳)
イーデザイン損保 38,170円 22,270円
ソニー損保 42,560円 21,420円
セゾン損保 42,100円 25,760円
50代
(54歳)
イーデザイン損保 40,070円 23,180円
ソニー損保 43,150円 21,450円
セゾン損保 42,710円 25,750円

全体を通して、保険料が最も安くなったのは、この3社の中ではイーデザイン損保という結果となりました。

次が、ソニー損保、その次が、セゾン損保という結果なのですが、40代・50代に限ってみればソニー損保よりもセゾン損保の方が保険料が安いという結果です。

セゾン損保は、テレビCMなどでも40代・50代の保険料が安い!と言っているだけあって、40代以降の年齢の場合に保険料が安くなる傾向が強いようです。

見積もり結果を確認してきた通り、保険料は保険会社によって異なるものです。

また、見積もりをする人の年齢や等級、運転者の範囲、住んでいる地域などによっても保険料は異なりますので、今回の見積もり金額は一応の目安としていただき、実際の見積もりで自身の保険料を確認してください。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

年代ごと等級別の保険料

今回の見積もりは等級を13等級として行いましたが、自分の等級と合わないという場合も考えられますので、参考までに年代別に等級を変えて見積もりしたものも載せておきます。

見積もりはソニー損保のものです。

※ 車両保険ありの上段は「一般車両」の保険料、下段は「エコノミー」の保険料です。

年代 等級 保険料(車両保険あり) 保険料(車両保険なし)
30代 12 50,860円 26,910円
39,330円
40代 16 40,090円 20,190円
30,510円
50代 18 38,970円 19,390円
29,540円
60代 20 35,940円 17,500円
27,060円

30代の場合は、前述の見積もりと1等級しか違いません(13等級と12等級)が、保険料は車両保険を付けた場合で約9千円ほど高くなっています。車両保険を付けなかった場合は約5千円程度高くなっていますので、等級が1違うと、これくらいの差が出ることになります。

また、60代の方でもハスラーに乗る人は多いと思いますが、年齢が60代になると保険料は上昇する傾向にあります。

しかし、保険料が上がり始める年代といわれる60代の保険料でも、車両保険の一般車両を付けて3万円台、車両保険を付けなければ1万円台ですから、それほど負担が辛いという保険料ではないでしょう。

単独事故の補償が不要なら車両保険はエコノミーで十分かもしれない

車両保険のエコノミーには「当て逃げ」と「単独事故」の補償はありません。

例えば、運転が苦手で、よく電柱や塀、ガードレールなどに擦ってしまうという事故を「単独事故」と言いますが、自分は電柱などにぶつけたりしないと自信のある方は、エコノミー・タイプの車両保険で十分かもしれません。

今回の見積もりでは、車両保険をフルカバー型の「一般車両」として見積もりましたが、これを限定カバー型の「エコノミー(車対車+A)」にすれば保険料は一般車両の保険料の半分程度まで下がりますので、単独事故や当て逃げの補償は要らないという場合は保険料の安いエコノミーでも良いかもしれません。

下記は、車両保険の一般車両とエコノミーの保険料を比較したものです。

年代 保険会社 保険料
(一般車両)
保険料
(エコノミー)
20代
(27歳)
イーデザイン損保 45,140円 36,140円
ソニー損保 49,890円 38,580円
セゾン損保 68,150円 53,720円
30代
(36歳)
イーデザイン損保 36,590円 29,450円
ソニー損保 41,960円 32,120円
セゾン損保 43,330円 35,570円
40代
(45歳)
イーデザイン損保 38,170円 30,490円
ソニー損保 42,560円 32,380円
セゾン損保 42,100円 34,220円
50代
(54歳)
イーデザイン損保 40,070円 31,920円
ソニー損保 43,150円 32,700円
セゾン損保 42,710円 34,540円

車両保険をエコノミーにすることで、保険料は1万円前後安くなっています。

参考)
イーデザイン損保の契約者の車両保険の加入率は72%で、その内、一般車両が53%、エコノミーが19%という加入率になっているそうです。

車両保険に加入するなら「一般車両」という方が多いようです。

ハスラーで保険料を安くするためのポイント

ハスラーで自動車保険に入る場合、できるだけ保険料を安くしたいと考えると思いますが、ここでは、保険料を安くするためのポイントを幾つか紹介します。

  • 見積もりは複数の保険会社で行う
  • 車両保険に免責金額をセットする
  • 年間走行距離はアバウトに申告しない

見積もりは複数の保険会社で行う

保険料の見積もりをする場合は、できるだけ多くの保険会社で行うのが基本です。

今回は3社で見積もりしましたが、それを見ても分かる通り、保険会社によって保険料はまちまちです。

よって、できるだけ多くの保険会社で見積もりすることで、現在の自分の条件で最も保険料が安い保険会社を見つけることができるのです。

その際に利用したいのが「保険料の一括見積もりサービス」で、一度の入力で複数の保険会社から見積もりを取り寄せることができます。

年間走行距離や免責金額は慎重に考えて申告する

車両保険の免責金額や年間走行距離については、慎重に考えて申告する必要があります。

何故なら、これによって保険料が違ってくるからです。

まず、車両保険の免責金額をセットする場合、免責にゼロ円をセットすると保険料は高くなってしまいます。

免責金額とは、所謂、自己負担する金額ですので、保険に入っているのに自己負担なんかしたくないという考えも分かりますが、ゼロをセットすると保険料の負担が大きくなってしまいます。

よって、毎年の保険料負担を抑えたいのであれば、免責金額に自己負担できそうな額をセットしてください。

次に、年間走行距離についても、契約時の申告であまりにもアバウトな距離数を申告すると保険料が高くなってしまいます(今後1年間で走る予想距離を申告する保険会社の場合)。

したがって、過去の実績などを参考にしながら、できるだけシビアに走行距離を予想して申告することをおすすめします。

スズキ・ハスラーの特徴(参考)

ハスラーは、軽自動車のクロスオーバーモデルとして、ワゴンRのユーティリティをベースに開発されたモデルです。

エンジンにはNAとターボの設定があり、いずれのモデルにもCVTを組み合わせていますが、NA車にはMTも用意されています。

また、遊び心あふれるエクステリアとインテリアなども人気の理由の一つでしょう。

動力性能や走行安定性など

ハスラーの走りはワゴンR譲りで、素直なハンドリング、実用域でのパワー、スズキグリーンテクノロジーによる低燃費性能など、オンロード・オフロードの両方で使える仕様となっています。

  • 動力性能:ノーマル仕様(NA)でも十分な性能を発揮
  • 燃費性能:23.2~29.2km/L(JCO8モード)
  • 走行安定性:ワゴンRと同等のスタビリティを確保。街中から高速走行までそれは変わらない
  • 乗り心地:快適な乗り心地
  • 価格帯:100万円台~160万円台まで
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

スズキ
自動車保険の匠