日産・デイズの任意保険:年代別保険料の目安

日産・デイズのイメージ

日産・デイズで任意保険に入る場合の保険料を、年代別・等級別に試算してあります。

年代は20代(前半・後半)、30代、40代、50代、60代とし、保険料を見積もる保険会社は通販型の保険会社3社としましたので、等級や年齢、または車両保険の有無などの諸条件が自分に近い見積もり結果を参考にしてください。

日産・デイズの任意保険料の目安はどれくらい

現在のところ日産・デイズなどの軽自動車には、普通乗用車に導入されている「型式別料率クラス」がありませんので、日産・デイズのどの型式(車検証に記載されている)で見積もりしても、同じ保険会社のなかでなら保険料は同じ額となります。

ただ、軽自動車にも「型式別料率クラス」が導入されることが決まりましたので、そうなれば、型式によって任意保険の保険料は異なる可能性がでてくるでしょう。

軽自動車に型式別料率クラスが導入されると保険料は上がるの

日産・デイズで任意保険に入る場合の保険料を、通販型(ネット自動車保険)の保険会社の中でも比較的保険料が安いとされている三井ダイレクト損保で年齢別・等級別に試算してみました。

見積条件を表示する
  • 車種・型式:日産・デイズ 4WD ハイウェイスターG ターボ(B21W)
  • ナンバー:5ナンバー
  • 初度登録:平成28年(2016年)8月
  • 性別:女性
  • 免許の色:ブルー
  • 運転者の範囲:本人・配偶者
  • 使用目的:日常・レジャー
  • 年間走行距離:10,000キロ以下
  • 契約者の所在地:宮城県
  • 対人・対物賠償保険:無制限
  • 人身傷害保険:3,000万円(車内のみ補償タイプ)
  • 搭乗者傷害保険:付帯せず
  • 車両保険:一般車両型
  • 車両保険金額:135万円
  • 免責金額:1回目5万円-2回目以降10万円
  • 弁護士費用特約:300万円で付帯

その他として、インターネット割引、証券不発行割引(紙の保険証券を発行しない場合の割引)を利用しての見積もりになります。

見積条件は「+」をクリックすると開き、「-」をクリックすると閉じます。

日産・デイズの年齢別等級別の保険料

車両保険に「一般車両」タイプを付けた場合の保険料は下記のようになりましたので日産・デイズで任意保険に入る場合の年齢ごとの目安としてください。

※ 単位:円

年代 等級 年齢条件 保険料
20代
(24歳)
6 21歳以上補償 118,980
20代
(27歳)
9 26歳以上補償 58,850
30代
(36歳)
14 30歳以上補償 41,690
40代
(45歳)
18 30歳以上補償 37,860
50代
(54歳)
20 30歳以上補償 32,060
60代
(63歳)
20 30歳以上補償 36,200

20代(24歳)の人の場合は、免許を取り初めて車を購入し保険に入ると想定し、運転者の範囲は「本人のみ」に限定しています。

それ以外の年代は、本人と配偶者が運転することを想定し、運転者の範囲を「本人・配偶者」とした場合の保険料となります。

20代(24歳)の人は、初めて自動車保険に入ることを想定していますので、等級は6等級となり、年齢による年齢条件も「21歳以上補償」までしかセットできませんので、どうしても保険料は高くなってしまいます。

保険料の負担がキツイという場合は、車両保険をエコノミーにするか、もしくは車両保険を年齢が26歳になるまで付けなければ、保険料は10万円を切る金額になります(詳細は後述します)。

また、保険料を月々の分割で支払うことも選択できますので、保険料の負担が辛い場合は月払いを選択すると良いでしょう(ただし、分割を選択すると一括払いの場合よりも5%程度、保険料がアップしますので気をつけてください)。

» 任意保険の保険料は月払いで支払えるのか

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

任意保険は比較して選ぶもの

任意保険の保険料は、どこの保険会社でも同じでありません。

よって、今の自分の条件で最も保険料が安くなる保険会社を見つけるためには、複数の保険会社から見積もりを取り寄せ比較するしかありません。

ここでは、ダイレクト自動車保険の三井ダイレクト、ソニー損保、セゾン損保(おとなの自動車保険)の3社で年齢別・等級別に見積もりした結果を載せておきますので参考にしてください。

見積もり条件は冒頭のものと同じですが、20代前半の人は運転者の範囲を「本人限定」とし、それ以外の年齢の場合は「本人・配偶者限定」とした場合の結果です。

保険会社別年代別の保険料

※ 単位:円
※ 保険料欄の上段が一般車両を付けたもの、中段がエコノミーを付けたもの、下段が車両保険をなしにした場合の保険料です。

年代 等級 保険会社 保険料
20代
(24歳)
6 セゾン損保 138,130
105,230
68,630
ソニー損保 144,390
110,220
73,410
三井ダイレクト 118,980
89,740
59,610
20代
(27歳)
9 セゾン損保 76,220
60,780
43,490
ソニー損保 58,740
45,480
31,200
三井ダイレクト 53,850
43,170
32,600
30代
(36歳)
14 セゾン損保 44,670
36,930
28,570
ソニー損保 44,920
34,440
23,140
三井ダイレクト 41,690
34,010
24,210
40代
(45歳)
18 セゾン損保 38,790
31,930
24,300
ソニー損保 41,960
31,990
21,240
三井ダイレクト 37,860
30,990
21,950
50代
(54歳)
20 セゾン損保 31,590
25,360
18,390
ソニー損保 34,300
26,060
17,190
三井ダイレクト 32,060
24,940
17,550
60代
(63歳)
20 セゾン損保 34,280
27,840
20,620
ソニー損保 39,220
29,580
19,190
三井ダイレクト 36,200
29,700
21,010

※ 色付けした部分が最も安い保険料です。

それぞれの年齢で見積もりしましたが、年齢や車両保険の有無などの条件によって保険料の安くなる保険会社は異なるという結果です。

つまり、この保険会社の保険料が常に安い!ということではなく、その時々の年齢などの条件によって最安値となる保険会社は異なるのです。

今回の見積もりは通販型の保険会社3社でしか見積もりしませんでしたので、実際に加入を検討する場合は、当サイトでご紹介しているような「一括見積もりサービス」を利用し、複数の保険会社から見積もりを取り寄せると良いでしょう。

車両保険の保険金の額を大きくした場合

今回のケースでは、車両保険の保険金額を135万円としました。

つまり、この135万円の範囲内で車の損害が補償されるということですが、人によっては、もっと保険金の額を大きくして補償を充実させたいとい場合もあるでしょう。

初度登録が平成28年8月の日産・デイズの場合は、車両保険の保険金を160万円までセットできます(保険会社で異なる)ので、全損となった場合の補償を大きくしておきたい方は検討すると良いでしょう。

なお、車両保険の保険金を160万円にアップしても保険料は数百円くらいしかアップしません。

セゾン損保60代の場合で

31,590円→32,320円(アップは730円)

車両新価特約がおすすめ

車両新価特約は、新車で購入した車が全損になった場合や、修理費が新車価格相当額の50%以上となるため修理せず同程度の車を再取得するとした場合に、新車の再取得費用を受け取ることができる特約です。

新車とありますが、中古車でも初度登録からの経過年月によっては付帯することができます。

今回のケースの場合のデイズは初度登録からそれ程年月が経過していない新しい車ですから、万一の場合に備える意味で付帯を検討してもよさそうです。

なお、気になる保険料は、セゾン損保で車両新価特約の補償額を車両保険金額と同じ135万円にセットして下記の保険料です。

セゾン損保にデイズで入る60代の人の場合

34,280円→35,210円(930円のアップ)

車両新価特約のある保険会社

保険会社 初度登録から
セゾン損保 25ヶ月以内
ソニー損保 25ヶ月以内
イーデザイン損保 11ヶ月以内
東京海上日動 61ヶ月以内
あいおいニッセイ同和損保 61ヶ月以内
三井住友海上 61ヶ月以内
損保ジャパン 73ヶ月以内
共栄火災 61ヶ月以内
日新火災 37ヶ月以内
朝日火災 61ヶ月以内
AIG損保 37ヶ月以内
マイカー共済 37ヶ月以内

イーデザイン損保は初度登録からの経過期間が少し短いですが、それ以外の保険会社は、どこも初度登録から2年以上の期間がありますので、この範囲に収まっている場合は特約の付帯を検討してもよさそうです。

日産・デイズ ハイウェイスターの特徴(参考)

日産と三菱が共同で開発した軽自動車で、三菱のekワゴンと基本的に同じ車です。

その中で、デイズ ハイウェイスターは、他社でいうところのカスタムに相当する上級バージョンです。

先進安全装備は、赤外線レーザーで危険を感知すると、約5キロ~30キロ/Hで前方の車両に対してエマージェンシーブレーキが作動する衝突被害軽減ブレーキ(対車両)、前進時のアクセル踏み間違い衝突防止アシスト機能、ハイビームアシストを標準で装備しています。

日産・デイズ ハイウェイスターのラインナップ

エンジン:660㏄NA(ノーマル)

グレード 価格
X 141万円~
G 148万円~

エンジン:660㏄ターボ

グレード 価格
Gターボ 149万円~

日産・デイズのラインナップ

こちらは日産・デイズ(標準仕様)のラインナップです。

標準仕様車にはターボモデルはなく、全て自然吸気エンジンとなります。

グレード 駆動方式 価格
J FF 114万円~
S 4WD 130万円~
X FF/4WD 128万円~
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

ニッサン
自動車保険の匠