日産・モコの任意保険:年代別保険料の目安

日産・モコのイメージ

軽自動車の日産・モコで任意保険に入るときの保険料を、年代別に見積もりしてありますので参考にしてください。

日産・モコはスズキからOEM提供を受けているモデルですが、外観デザインはグリル回りを中心にヘッドライトやバンパーなどの形状を変更することで、日産らしさを強めています。

街中で見ることも多く、女性ユーザーを中心に人気を集めている車です。

日産・モコの任意保険料の目安は

現在のところモコなどの軽自動車には、普通乗用車に導入されている「型式別料率クラス」がありませんので、日産・モコのどの型式で見積もりしても、同じ保険会社のなかでなら保険料は同じ額となります。

ただ、軽自動車にも「型式別料率クラス」が導入されることが決まりましたので、そうなれば、型式によって任意保険の保険料は異なる可能性がでてくるでしょう。

軽自動車に型式別料率クラスが導入されると保険料は上がるの

日産の軽自動車モコで任意保険に入る際の保険料を年代別・等級別に見積もりしてみます。

見積条件を表示する

見積もりをする保険会社は、ダイレクト自動車保険の三井ダイレクト、ソニー損保、セゾン損保(おとなの自動車保険)の3社としました。

なお、モコを日常の買い物や休日の遠出などで利用すると想定して、年間走行距離は5千キロ以下とした場合の見積もりとなります。

  • 車種・型式:日産・モコ(MG33S)
  • ナンバー:5ナンバー
  • 初度登録:平成27年(2015年)10月
  • 性別:女性
  • 免許の色:ブルー
  • 運転者の範囲:本人のみ
  • 使用目的:日常・レジャー
  • 年間走行距離:5,000キロ以下
  • 契約者の所在地:青森県
  • 対人・対物賠償保険:無制限
  • 人身傷害保険:3,000万円(車内・車外とも補償タイプ)
  • 搭乗者傷害保険:付帯せず
  • 車両保険:一般車両型
  • 車両保険金額:115万円
  • 免責金額:1回目5-2回目以降10万円
  • 弁護士費用特約:300万円で付帯

その他として、インターネット割引、証券不発行割引(紙の保険証券を発行しない場合の割引)を利用しての見積もりになります。

見積条件は「+」をクリックすると開き、「-」をクリックすると閉じます。

モコで初めて任意保険に入るときの保険料

モコで初めて任意保険に入る6等級の保険料が下記のものです(保険会社3社の平均的な保険料)。

等級 年齢及び年齢条件 保険料
車両保険なし 車両保険あり
6等級 22歳(21歳以上補償) 74,750 138,010
27歳(26歳以上補償) 49,790 82,060

車両保険の一般車両(フルカバー型の車両保険)を付けると、22歳の人で13万円を超える保険料となり、27歳の人でも8万円を超える高額な保険料になるため、車両保険を付けるか否かを考える必要がありそうです。

なお、車両保険を「単独事故」と「当て逃げ」の補償のないエコノミーに変えると、22歳で107,460円、27歳で65,030円の保険料となりましたので、場合によってはエコノミーに加入しても良いかもしれません。

日産・モコの年代別等級別の保険料

車両保険に「一般車両」タイプを付けた場合の保険料は下記のようになりましたので、日産・モコで任意保険に入る場合の年齢ごとの目安としてください。

※ 単位:円

年代 等級 保険会社 保険料
20代
(27歳)
10 セゾン損保 63,430
ソニー損保 51,850
三井ダイレクト 50,890
30代
(36歳)
15 セゾン損保 37,160
ソニー損保 38,850
三井ダイレクト 37,240
40代
(45歳)
18 セゾン損保 34,190
ソニー損保 37,010
三井ダイレクト 34,530
50代
(54歳)
20 セゾン損保 25,130
ソニー損保 30,260
三井ダイレクト 29,390
60代
(62歳)
20 セゾン損保 28,620
ソニー損保 34,580
三井ダイレクト 34,970

※ 色付けした部分が最も安い保険料です。

上記が保険会社3社で見積もりした結果ですが、この3社のなかでは全体的にセゾン損保の保険料が安くなっています。

ただし、20代の場合は、三井ダイレクトが最も安く、次がソニー損保、最後がセゾン損保という結果となりましたので、保険料が安くなる保険会社は年代によって異なるということでしょう。

よって、モコで自動車保険に入るのなら、20代は三井ダイレクト、30代以降はセゾン損保ということになりそうです。(あくまでも、この3社の中で保険料を基準として保険会社を選ぶなら)

なお、保険料は見積もりする人の年齢(年齢条件)や等級、運転者の範囲、走行距離、住んでいる地域、車の使い方(使用目的)などの諸条件によって異なりますので、今回の見積もり結果は一応の目安としていただき、実際に自分の条件で見積もりすることをおすすめします。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

補償を大きくしても保険料はあまり変わらない

補償としては、対人賠償保険および対物賠償保険は無制限としています。

これは、近年の事故の賠償額が高額化する傾向にあって、1事故の賠償額が億の単位となることも珍しくないからです。

また、任意保険に入っていない車との事故を補償する、無保険車傷害保険も付帯されています(自動的に付帯されます)。

さらに、こちらに過失のない事故での示談交渉に備えて弁護士費用特約(300万円)もセットしています。

通常、相手のある事故で示談交渉を行う場合は、保険会社の事故処理担当が当事者に代わって相手との交渉を行いますが、前述のように、こちらに過失がない場合は、保険会社が示談を行ってくれないのです。

そのため、こういう自分に過失がない事故での示談交渉などに備える意味で、弁護士費用特約を付けています。

弁護士費用特約が不要な場合は、特約を外すことができます。この場合、保険料は千数百円くらい安くなります。

人身傷害保険の保険金については最低限の3千万円としていますが、保険金の額を大きくしても、それ程保険料は高くなりません。

例えば、人身傷害保険の保険金を5千万円に引き上げたとしても、保険料は数百円しか上がりませんので、補償を優先して契約内容を決めると良いでしょう。

モコの車両保険をエコノミーにした場合の保険料

車両保険には一般車両タイプとエコノミータイプがありますので、上記の見積もりとは異なる車両保険タイプのエコノミーで見積もりしてみます。

エコノミーは、補償の範囲が狭くなることから保険料が安くなります。

補償範囲が狭くなるといっても、一般車両から単独事故と当て逃げの補償を除いただけで、ちょっとした凹みやキズ、豪雨による被害、盗難、いたずらなどは補償されます。

よって、自分には当て逃げや単独事故の補償は必要ないという場合は、エコノミーにして保険料を節約しましょう。もしくは、車の修理は自腹を切るという人は、車両保険は不要ですから、相当に保険料を安くすることが可能です。

なお、車両保険の補償範囲については下記を参考にしてください。

» 車両保険は必要なのか?必要性を考える

下記は、車両保険をエコノミーにした場合と、車両保険を付けなかった場合の保険料です。

※ 単位:円

年代 等級 保険会社 保険料
(エコノミー)
保険料
(車両保険なし)
20代
(27歳)
10 セゾン損保 51,290 37,650
ソニー損保 40,430 28,130
三井ダイレクト 39,790 30,820
30代
(36歳)
15 セゾン損保 31,310 24,890
ソニー損保 30,000 20,460
三井ダイレクト 30,940 22,020
40代
(45歳)
18 セゾン損保 28,700 22,590
ソニー損保 28,420 19,170
三井ダイレクト 28,750 20,800
50代
(54歳)
20 セゾン損保 20,710 15,740
ソニー損保 23,160 15,510
三井ダイレクト 23,150 16,650
60代
(62歳)
20 セゾン損保 28,620 18,050
ソニー損保 26,270 17,320
三井ダイレクト 27,540 19,910

※ 色付けした部分が最も安い保険料です。

20代で車両保険をエコノミーにした場合は三井ダイレクト、車両保険なしならソニー損保の保険料が安くなりました。

30代・40代・60代はソニー損保が最安値です。

50代で車両保険をエコノミーにした場合は三井ダイレクト、車両保険なしならソニー損保の保険料が安くなりました。

なお、それぞれの年代で見積もりする場合は、年齢条件に「26歳以上補償」や「30歳以上補償」「35歳以上補償」をセットした状態で見積もりしましたが、セゾン損保には他社でいうところの年齢条件が存在しません。

つまり、セゾン損保の場合は、契約者の実際の年齢によって保険料が決まる仕組みになっていますので、年齢が1歳違えば保険料にも違いがでてきます。

日産・モコの特徴(参考)

日産がスズキからOEM提供を受けているモデルです。

スズキで言えばMRワゴンです。

モコには、追突軽減ブレーキなどの設定はありませんし、どちらかと言えばデイズの陰に隠れた存在と言えるかもしれませんが、それでも一定の人気はあるようで、街中でも多く見かけます。

日産・モコのラインナップ

エンジン:660㏄NA(ノーマル)

グレード 価格
S 119万円~
X 129万円~
S FOUR 131万円~
X FOUR 141万円~
ドルチェX 138万円~
ドルチェX FOUR 150万円~

エンジン:660㏄ターボ

グレード 価格
ドルチェG 148万円~
ドルチェG FOUR 160万円~

モコの口コミ評価(カーセンサー)は5段階中の3.9と良好な値となっていますので、モコユーザーの総合的な満足度は高くなっているようです。

特に「維持費」が4.1「運転のしやすさ」が4.0と高くなっています。

維持費に関しては、軽自動車ですから燃費(リッター27.2~30.0キロ)は良いですし、税金や車検費用などの面も安く上がりますので、車を維持していくための費用という部分では登録車よりも有利です。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

ニッサン
自動車保険の匠