ホンダ・フィットの任意保険:年代別保険料の目安

ホンダ・フィットのイメージ

ホンダ・フィットで任意保険に入る場合の保険料を、年代別・等級別に試算してあります。

保険料を見積もる年代は、20代(前半・後半)、30代、40代、50代、60代の各年代で見積もりました。等級や年齢、または車両保険の有無などの諸条件が自分に最も近い見積もり結果を参考にしてください。

ホンダ・フィットの任意保険料の目安はどれくらい

ホンダ・フィットで任意保険に入る場合の保険料を、通販型の保険会社の中で最も加入者が多いとされているソニー損保で年齢別に試算してみました。

  • 車種・型式:ホンダ・フィット 13G ホンダセンシング 4WD(GK4)
  • ナンバー:5ナンバー
  • 初度登録:平成29年(2017年)7月
  • 性別:男性
  • 免許の色:ブルー
  • 運転者の範囲:本人・配偶者
  • 使用目的:日常・レジャー
  • 年間走行距離:10,000キロ以下
  • 契約者の所在地:宮城県
  • 対人・対物賠償保険:無制限
  • 人身傷害保険:3,000万円(車内のみ補償タイプ)
  • 搭乗者傷害保険:付帯せず
  • 車両保険:一般車両型
  • 車両保険金額:180万円
  • 免責金額:1回目5万円-2回目以降10万円
  • 弁護士費用特約:300万円で付帯

その他として、インターネット割引、証券不発行割引を利用しての見積もりになります。

また、無保険車傷害保険、他者運転危険担保特約が自動で付帯されます。

ホンダ・フィットの車両料率クラス

対人 3 対物 4 人身 4
自損 3 搭乗 4 車両 3

車の危険度を表す車両料率クラス(1~9までの9段階)も、3もしくは4と平均的な値となっていますので、保険料に与える影響は大きくありません。

なお、同じ車種でも型式が異なれば車両料率クラスは異なりますので、自分の型式での車両料率クラスを知りたい方は下記で調べることができます。

型式別料率クラス検索(損害保険料率機構)

ホンダ・フィットの保険料

車両保険に「一般車両」タイプを付けた場合の保険料は下記のようになりましたのでホンダ・フィットで任意保険に入る場合の年齢ごとの目安としてください。

※ 単位:円

年代 等級 年齢条件 保険料
20代
(24歳)
6 21歳以上補償 175,730
20代
(27歳)
9 26歳以上補償 73,780
30代
(36歳)
14 30歳以上補償 54,240
40代
(45歳)
18 30歳以上補償 50,670
50代
(54歳)
20 30歳以上補償 41,410
60代
(63歳)
20 30歳以上補償 44,990

20代前半(24歳)の人は、単身者で初めて自動車保険に入る場合を想定していますので、運転者の範囲は「本人のみ」に限定し見積もりしています。

それ以外の20代後半から60代までの方の見積もりは、フィットをメインの車として使用することを想定し、運転者の範囲も「本人・配偶者」とした場合の保険料となります。

見積もり結果からも分かる通り、20代前半(24歳で見積もり)の人の場合は、初めて保険に入るため等級は6となり、等級による保険料割引率(※)も高くありませんので、どうしても保険料は高くなってしまいます。

※ 24歳で初めて自動車保険に入る6等級の人の保険料割引率は、年齢条件と等級の組み合わせによって決まります。

具体的には、24歳の年齢条件「21歳以上補償」と、等級6との組み合わせで保険料割引率は「3%割増」となります。割引ではなく割増であることに注意してください。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

20代前半(24歳)の任意保険料

20代前半(24歳と仮定))の人が任意保険に初めて入る場合は、年齢条件に「21歳以上補償」しかセットすることができませんので保険料は高くなってしまいます。

今回の見積もりでも、車両保険のフルカバー型(一般車両)を付けると17万円以上の保険料となり、ちょっと現実的ではないような高額な保険料となってしまいました。

そこで、保険料の負担を少しでも軽いものにするために

  • 車両保険を付けない
  • 親の自動車保険を譲り受ける
  • 保険料を分割払いする

の方法を検討してみてください。

車両保険を付けない

保険料がもう少し安く算出される年齢までは車両保険を付帯しないで、任意保険に入ることで保険料の負担が軽くなります。

具体的には、年齢条件に「26歳以上補償」をセットできる年齢の26歳になるまで、車両保険を付けないでいることです。

車両保険を付けなければ保険料は

175,730円→88,090円(半分以下になります)

となりますので、少し現実的な保険料になってきたと思います。

ただし、この間は、自分の車の損害は全額自己負担で修理しなければなりませんので、事故には十分気をつける必要があります。

親の自動車保険を譲り受ける

20代前半の人であれば、親と同居している可能性がありますので、もし同居していて親が自動車保険に入っていれば、親の保険を譲り受けて新規に加入することができます。

例えば、親の15等級の自動車保険を譲り受けて子どもが新規で保険に入れば

一般車両を付けて「82,110円」程度の保険料で済むことになります。

ただ、この場合、親は新たに自動車保険に加入しなければならなくなりますが、親の年齢であれば、新規で新たに加入してもそれほど高額な保険料とはなりません。

保険料を分割払いする

保険会社の中には、保険料を月々の分割で支払うことができる場合がありますので、保険料の負担が辛い場合は月払いを選択すると良いでしょう。

ただし、分割を選択すると一括払いの場合よりも5%程度、保険料がアップしますので気をつけてください。

また、保険料の支払いにクレジットカードを利用すれば、実質的に分割払い(クレジットカードの機能で)となりますので、分割払いを設けていない保険会社であっても月払いは利用できます。

» 任意保険の保険料は月払いで支払えるのか

20代後半から30代の任意保険料

20代後半から30代にかけては、年齢条件に「26歳以上補償」や「30歳以上補償」をセットできますので、運転者の範囲を「本人・配偶者」としても、それほど高い保険料とはなっていません。

車両保険に一般車両タイプを付帯すれば、必然的に保険料は上がってしまいますが、車両保険を限定カバータイプのエコノミーに変更すれば保険料はだいぶ下がります。

一般車両からエコノミーに変更したときの保険料

  • 20代… 73,780円→54,510円
  • 30代… 54,240円→39,530円

ただし、車両保険のエコノミーには、単独事故や当て逃げの補償はありませんので、運転が苦手でよく電柱などに擦って車にキズを付けてしまうという人にとっては不安材料となるかもしれません。

40代から50代の任意保険料

40代~50代にかけては、保険料が最も安くなる年代です。50代に至っては、全年代で保険料が最も安く算出される年代です。

その理由は、40代50代の事故率が低いことにあります。

ただ、この年代ならではの事情もあって、年齢条件を自分や配偶者の年齢に応じてセットできない場合があるようです。例えば、子どもが運転するために、年齢条件を子どもの年齢に応じてセットした場合です。

40代の人が、20歳や21歳の子どもも運転するために、子どもの年齢に応じた「年齢条件」をセットした場合は、一般車両を付けて下記の保険料となります。

子供の年齢 年齢条件 保険料
20歳 年齢問わず補償 150,580円
21歳 21歳以上補償 83,930円

子どもが免許を取って車を運転するようになった場合、子どもの年齢に合わせて年齢条件を変更しなければならなくなるため、どうしても保険料が高くなってしまうのです。

こういう場合は、一部の保険会社で設けられている「子供特約」が良いかもしれません。

» 子供特約で同居の子供が車を運転する場合の保険料が安くなる

60代からの任意保険料

50代までは、年々保険料は安くなる傾向にありますが、60代になると今までとは逆に保険料は上昇に転じます。

理由は、60代以降の人の事故率が多くなるからです。

近年の自動車保険はリスク細分型の自動車保険と言われていて、事故を起こす確率が上がることで保険料が高くなる仕組みになっているのです。

従って、保険料を今よりも安くしたいという場合は、ネットの自動車保険に切り替えるなどの方法で保険料を節約しなければならないでしょう。

ホンダ・フィットの特徴

現行のモデルは2013年9月のデビューですから、この記事を執筆している時点で丸4年経過していることになります。

発売当初は品質問題などで騒がれましたが、それをバネに品質に一層磨きがかかったようです。

先進安全装備としては、緊急自動ブレーキ(対車両・人)、クルーズコントロール(追従型)、誤発進抑制機能(前進)などが装備されています。

ホンダ・フィットのラインナップ

エンジン:自然吸気・駆動方式:FF

グレード 価格 燃費
1500E ハイブリッドS ホンダセンシング 220万円~ 31.8
1500E ハイブリッドL ホンダセンシング 207万円~ 34.0
1500E ハイブリッドF 181万円~ 34.0
1500E ハイブリッド 169万円~ 37.2
1500 RS ホンダセンシング 205万円~ 21.0
1500 15XL ホンダセンシング 185万円~ 22.2
1300 13G ホンダセンシング 179万円~ 24.2
1300 13L ホンダセンシング 165万円~ 24.6
1300 13G F 142万円~ 21.8

エンジン:自然吸気・駆動方式:4WD

グレード 価格 燃費
1500E ハイブリッドS ホンダセンシング 236万円~ 28.0
1500E ハイブリッドL ホンダセンシング 224万円~ 28.6
1500E ハイブリッドF 200万円~ 28.6
1500E ハイブリッド 189万円~ 29.4
1500 15XL ホンダセンシング 201万円~ 19.4
1300 13G S ホンダセンシング 198万円~ 20.2
1300 13G L ホンダセンシング 184万円~ 20.2
1300 13G F 162万円~ 20.2
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

ホンダ
自動車保険の匠