ホンダ・NBOXスラッシュの任意保険料の目安

ホンダの軽自動車のイメージ

ホンダ・NBOXスラッシュで任意保険に入る場合の保険料を、年代別・等級別に見積もりしてあります。

年代は20代、30代、40代、50代とし、保険料を見積もる保険会社は通販型の保険会社3社としましたので、等級や年齢、または車両保険の有無などの諸条件が自分に近い見積もり結果を参考にしてください。

なお、ホンダ・NBOXの任意保険料については下記をご覧ください。

ホンダ・N-BOXの任意保険:年代別保険料の目安
ホンダ・N-BOXで任意保険に入る場合の保険料を、通販型(ダイレクト自動車保険)の保険会社で年代別・等級別に見積もりしてあります。 N-BOXで任意保険に入る場合の参考にしてください。

ホンダ・NBOXスラッシュの任意保険料の目安は

現在のところホンダ・NBOXスラッシュなどの軽自動車には、普通乗用車に導入されている「型式別料率クラス」がありませんので、NBOXスラッシュのどの型式(車検証に記載されている)で見積もりしても、同じ保険会社のなかでなら保険料は同じ額となります。

ただ、軽自動車にも「型式別料率クラス」が導入されることが決まりましたので、そうなれば、型式によって任意保険の保険料は異なる可能性がでてくるでしょう。

軽自動車に型式別料率クラスが導入されると保険料は上がるの

ホンダ・NBOXスラッシュで任意保険に入る際の保険料を年代別・等級別に見積もりしてみます。

見積条件を表示する

見積もりをする保険会社は、ダイレクト自動車保険の三井ダイレクト、ソニー損保、セゾン損保の3社としました。

  • 車種・型式:ホンダ・NBOXスラッシュ G ターボLパッケージ(JF1)
  • 初度登録:平成27年(2015年)12月
  • 免許の色:ブルー
  • 運転者の範囲:本人と配偶者
  • 使用目的:日常・レジャー
  • 年間走行距離:10,000キロ以下
  • 契約者の所在地:福島県
  • 対人・対物賠償保険:無制限
  • 人身傷害保険:3,000万円(車内のみ補償タイプ)
  • 車両保険:一般車両型
  • 車両保険金額:130万円
  • 免責金額:1回目5万-2回目以降10万円
  • 弁護士費用特約:300万円で付帯

インターネット割引と証券不発行割引を適用しての見積もりになります。

特約としては、弁護士費用特約(車事故のみ対応で300万円)、身の回り品補償特約(10万円まで補償)を付帯してあります。

その他の補償としては、他者運転危険担保特約、無保険車傷害保険などが自動的に付帯されています。

見積条件は「+」をクリックすると開き、「-」をクリックすると閉じます。

ホンダ・NBOXスラッシュの年齢別等級別の保険料

上記の見積もり条件で年代別(年齢別)に見積もりした結果が下記のものです。NBOXスラッシュで任意保険に入る場合の保険料の目安としてください。

なお、保険料は見積もりする人の年齢や等級、運転者の範囲、走行距離、住んでいる地域、免許証の色などの諸条件によって異なりますので、実際の保険料はご自身の条件で見積もりしてください。

まず、N-BOXで初めて任意保険に入る6等級の保険料はこうなります。
(保険会社3社の平均的な保険料)

※ 単位:円

等級 年齢及び年齢条件 保険料
車両保険なし 車両保険あり
(一般車両)
6等級 22歳(21歳以上補償) 97,970 176,290
27歳(26歳以上補償) 56,530 103,900

次に、年齢別等級別の保険料は下記の通りになります。

年代 等級 保険会社 保険料
20代
(26歳)
10 セゾン損保 76,500
ソニー損保 64,540
三井ダイレクト 54,790
30代
(36歳)
14 セゾン損保 44,960
ソニー損保 49,410
三井ダイレクト 42,400
40代
(45歳)
17 セゾン損保 40,050
ソニー損保 47,120
三井ダイレクト 39,340
50代
(54歳)
20 セゾン損保 31,730
ソニー損保 37,700
三井ダイレクト 32,550

※ 色付けした部分が最も安い保険料です。

初めて任意保険に入るときは等級が6等級と低いこともあり、車両保険を付けると10万円を超える高額な保険料になりますので、保険料の月払いなどを利用した方が良いのかもしれません。

任意保険の保険料は月払いで支払えるのか?注意点は?

次に、年齢別等級別の保険料は、20代~40代までは三井ダイレクトが安くなりましたが、50代になるとセゾン損保が僅かの差で三井ダイレクトよりも安い保険料となりました。

セゾン損保(おとなの自動車保険)の場合は、40代・50代の保険料が安くなる!とコマーシャルしていますが、40代では僅差ですが三井ダイレクトの方が安くなるという結果です。

なお、年齢による年齢条件は、20代の人には「26歳以上補償」、30代~50代の人には「30歳以上補償」もしくは「35歳以上補償」をセットして見積もりしてあります。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

身の回り品補償特約が不要な場合

身の回り品補償特約は、車両保険の保険金が支払われる事故で、車の車内やトランク、またはキャリアに固定されている物が損壊した場合に、その身の回り品の損害額(修理費)について保険金が支払われるというものです。

例えば、車内に置いてあったカメラやトランクに積んであったゴルフセットなどが破損した場合に保険金が支払われます。

これらの物は、車両保険の補償範囲外のため、自分の所持品の補償も必要と考える人が付帯する特約で、保険料も年間で数百円と安価ですから、付帯している人も多いようです。

しかし、身の回り品の補償は必要ないという場合もありますので、その場合、保険料は上記の保険料より230円(セゾン損保の場合)程度安くなります。

また、弁護士費用特約も不要という場合は、上記の保険料よりも1,000円前後くらい安くなります。

NBOXスラッシュの車両保険をエコノミーにすると

車両保険のエコノミータイプは一般車両タイプから単独事故と当て逃げの補償を除いたものとなります。

よって、自分には当て逃げや単独事故の補償は必要ないという場合は、エコノミーにすることで保険料が節約できます。

また、車の修理は自腹を切るという場合は、車両保険が必要ありませんから、保険料は一般車両型の車両保険を付けた場合の半分程度まで下がります。

下記は、車両保険をエコノミーにした場合と、車両保険を付けなかった場合の保険料です。

※ 単位:円

年代 等級 保険会社 保険料
(エコノミー)
保険料
(車両保険なし)
20代 10 三井ダイレクト 44,170 33,740
ソニー損保 50,130 34,230
セゾン損保 61,240 44,140
30代 14 三井ダイレクト 34,780 25,060
ソニー損保 38,010 25,380
セゾン損保 37,300 29,040
40代 17 三井ダイレクト 32,310 23,150
ソニー損保 36,040 23,780
セゾン損保 33,070 25,730
50代 20 三井ダイレクト 25,480 18,140
ソニー損保 28,740 18,830
セゾン損保 25,580 18,680

※ 色付けした部分が最も安い保険料です。

車両保険をエコノミーにした場合の保険料は

  • 20代で4万円台~6万円台
  • 30代・40代で3万円台
  • 50代で2万円台

車両保険を付けなかった場合の保険料は

  • 20代で3万円台~4万円台
  • 30代・40代で2万円台
  • 50代で1万円台

というのが一応の目安です。

なお、上記の保険料は、運転者の範囲(運転者限定)を「本人・配偶者」としてありますが、NBOXスラッシュには自分しか乗らないという場合は、運転者の範囲も「本人のみ」とするべきで、これに伴って保険料も数百円(200円くらい)安くなります(ソニー損保の場合)。

ホンダ・NBOXスラッシュの特徴(参考)

ホンダ・NBOXスラッシュはNBOX(先代の)からの派生モデルですが、NBOXとはイメージが大きく異なっています。

ハイト系ワゴンというよりも、クーペ風のスタイリングが個性的な車種になっています。

車体のカラーバリエーションはもともと豊富でしたが、2018年1月にマイナーチェンジを行い、インテリアカラーパッケージに落ち着いた色合いの「ダークスタイル」を追加しています。

これにより、モノトーン7色、2トーンカラー10色から選べるようになっています。

エンジンは、自然吸気とターボの2系統ですが、車体重量が重いのでターボモデルの方が断然有利です。

また、NBOXスラッシュには軽自動車で唯一となる「自動解除付き電動パーキングブレーキ」が付いていますので、発進時にいちいちパーキングレバーを手動で戻す手間が省けます。

先進安全装備としては、約5キロ~30キロの速度で前方の車両に反応する自動ブレーキの衝突被害軽減ブレーキ(対車両)や、前方誤発進抑制装置(約10キロ以下で障害物に反応する)などの安全運転支援機能が装備されています。

ただ、自動ブレーキは、「インテリアカラーパッケージ」系には標準で装備されていますが、その他はメーカーオプションとなりますので、購入時にしっかり確認した方がよさそうです。

なお、自動ブレーキなどの安全運転支援機能が装備されていれば、保険会社によって異なりますが、割引制度の中の「先進安全装備割引」が適用されます(ソニー損保などで設けられている割引制度)。

ホンダ・NBOXスラッシュのラインナップ

エンジン:3気筒DOHC自然吸気

駆動方式は全てのグレードでFFおよび4WD。変速機はCVTのみ。

グレード 価格
G 135万円~
G-L 143万円~
G インテリアカラーパッケージ 146万円~
G-L インテリアカラーパッケージ 154万円~

エンジン:3気筒DOHCターボ

駆動方式は全てのグレードでFFおよび4WD。変速機はCVTのみ。

グレード 価格
G-L ターボ 154万円~
G-L ターボ インテリアカラーパッケージ 165万円~
X ターボ インテリアカラーパッケージ 178万円~
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

ホンダ
自動車保険の匠