30代(35歳から)の任意保険:保険料の目安

ワンボックスカーのイメージ

ここでは、30代の中でも年齢が35歳以上になった場合に保険料がどのくらいになるのかを、実際の見積もり結果を見ながら検証していきます。

その見積もり結果と今の自分の保険料を比べ、どのくらいの差がでるのかを確かめてみてください。もしかしたら高い保険料を払い続けているのかもしれません。

35歳からの保険料の目安はどれくらい

年齢が35歳になる頃には等級もだいぶ上がり、それに伴って保険料もかなり安くなっている頃です(20代から任意保険に入っている場合)。

35歳になれば年齢条件に「35歳以上補償」をセットすることができますので、年齢条件による保険料の割引という観点からすれば、最も保険料が安くなる段階に達したことになります。

なお、年齢条件の「35歳以上補償」を設けていない保険会社もありますので、その場合は、35歳になっても「26歳以上補償」や「30歳以上補償」をセットし続けることになり、35歳以上の年齢になったとしても、年齢条件によって保険料が大きく変わることはありません。

また、SBI損保のように年齢条件は「26歳以上補償」までといった保険会社もあります。よって、SBI損保の場合は、年齢が35歳以上になっても、年齢条件によって保険料が安くなることはありません。

では、早速ネット自動車保険の保険会社で実際に見積もりしてみます。

30代になると家族で乗る車を購入する傾向が高くなることから、ワンボックスタイプのトヨタ・ヴォクシーとホンダ・ステップワゴンで見積もりしました。

見積条件を表示する
  • 車種・型式:ステップワゴン(RP4)とヴォクシー(ZRR85G)
  • 等級:15等級
  • 年間走行距離:10,000キロ以下
  • 免許の色:ブルー
  • 運転者の範囲:本人・配偶者
  • 年齢条件:35歳以上補償
  • 使用目的:日常・レジャー
  • 車両保険:一般車両
  • 車両保険金額:240万円
  • 免責金額:1回目5万円-2回目以降10万円

見積条件は「+」をクリックすると開き、「-」をクリックすると閉じます。

なお、保険料は見積もりする人の諸条件によって異なってきますので、下記の保険料は一応の目安としてください。

まず、ステップワゴンです。

ステップワゴンの保険料
等級 保険料
(車両保険あり)
保険料
(車両保険なし)
15 36,920円 23,540円

次に、ヴォクシー(ZRR85G)で見積もってみます。

ヴォクシーの保険料
等級 保険料
(車両保険あり)
保険料
(車両保険なし)
15 34,230円 23,380円

ヴォクシーとステップワゴンの保険料には、多少の違いがみられました。

その理由は、型式別車両料率クラスの違いによるものが大きいようで、特に車両保険を付帯した場合に差が広がることから、車両保険の型式別車両料率クラスのレベルが違っているようです。

実際に車両保険の型式別車両料率クラスを確認してみると

  • ヴォクシー:4
  • ステップワゴン:5

ヴォクシーよりも僅かにステップワゴンの型式別車両料率クラスが高い値を示していますので、この差によって保険料に違いが出ることになります。

なお、型式別車両料率クラスについては下記を参考にしてください。

» 自動車保険の車両料率クラスは車種・型式ごとの危険度

また、同じ車種でも型式が異なれば車両料率クラスは異なりますので、自分の型式での車両料率クラスを知りたい方は、下記の損害保険料率機構のホームページで調べることができます。

型式別料率クラス検索(損害保険料率機構)

このように、車種・型式によって保険料に違いがでることになるのですが、実際の年齢によっても保険料は異なってきます。

年齢が35歳以上であっても、30代の人と40代の人とでは保険料は違いますし、同様に、50代、60代と年齢を重ねて行った場合でも保険料には差が出てきます。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

年齢が上がれば保険料も異なる

年齢条件に「35歳以上補償」をセットできる年齢であっても、年齢が上がるに従って保険料は微妙に変化していきます。

実際の見積もり結果をみてみましょう。

等級などの見積もり条件は、上記の見積もりの場合と同様です。車種は「ヴォクシー」として試算したものです。

年齢 保険料
(車両保険あり)
保険料
(車両保険なし)
35歳~ 34,230円 23,380円
40歳~ 33,650円 22,810円
50歳~ 34,930円 22,100円
60歳~ 36,710円 24,850円

同じ15等級で年齢条件に「35歳以上補償」をセットした場合でも、年齢によって保険料は異なっています。

上記でみる限りでは40代の保険料が最も安く、50代、60代と年齢を重ねるに従って保険料は高くなっていく傾向にあります。

35歳からの保険料を安くするためには

年齢が35歳になったら、年齢条件を見直す必要があります(35歳以上補償のある保険会社に加入している場合のみ)。

見直しすることで、今までよりも多少なりとも保険料を節約できる可能性があるからです。

また、年齢条件の見直しを機に、今の保険料が高いのか安いのかを見直しても良いでしょう。

自動車保険の保険料は、どこでも同じではありませんから、見直しをすることで、今よりも保険料の安い保険を見つけることができるかもしれません。

特に30代や40代の世代は、子育てや住宅の取得などでお金のかかる世代ですから、できるだけ自動車保険にかかる費用を抑えておく必要のある世代ではないでしょうか。

ただし、自動車保険の補償を削ってしまうと、万一の場合の補償が心配になりますので、補償として必要なものは削らずに保険料のみ安くする方法を探らなければなりません。

そういう場合に有効なのが、複数の保険会社の保険料を比較し、今の自分の条件の中で最も保険料の安くなる保険会社を見つけることです。そうすることで、今よりも保険料を節約できるかもしれないのです。

保険会社で保険料は異なる

試しに通販型の保険会社2社で見積もりし比べてみます。

見積条件を表示する
  • 車種・型式:ステップワゴン(RP4)
  • 等級:15等級
  • 年間走行距離:10,000キロ以下
  • 免許の色:ブルー
  • 運転者の範囲:本人・配偶者
  • 年齢条件:35歳以上補償
  • 使用目的:日常・レジャー
  • 車両保険:一般車両
  • 車両保険金額:240万円
  • 免責金額:1回目5万円-2回目以降10万円

なお、保険料は見積もりする人の諸条件によって異なってきますので、下記の保険料は一応の目安としてください。

保険会社 保険料
(車両保険あり)
保険料
(車両保険なし)
ソニー損保 52,320円 23,940円
三井ダイレクト 36,920円 23,540円

見積もり結果では、車両保険を付帯した場合に両者の差が大きくなりました。

車両保険なしの場合は、両者の保険料にそれほど大きな違いはみられませんが、車両保険ありにすると、その差は1万円以上となりました。

よって、同じ条件であっても保険会社が違うだけで、保険料に大きな違いが生まれることになるのです。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

年齢別の保険料の目安
自動車保険の匠