【自動車保険】26歳からの保険料の目安:26歳~29歳までの保険料

夫婦でドライブするイメージ

年齢条件に「26歳以上補償」をセットできる、26歳から29歳までの人の保険料がどのくらいになるかをみていきます。

年齢が26歳になる頃には等級もだいぶ上がって、20歳で自動車保険に入り無事故を続けている人であれば12等級になっている頃で、それに伴い保険料も安くなってきているハズです。

また、26歳になれば「年齢条件」に「26歳以上補償」をセットすることができますので、自動車保険に加入した当時と比べ保険料は相当に安くなっている頃でしょう。

年齢が26歳から29歳までの保険料の目安

年齢が26歳から29歳までの人の保険料の目安がどれくらいになるか、実際の保険会社のネット見積もりで試算してみますので、今の保険料と比較してみてください。もしかしたら保険料を払い過ぎているかもしれません。

見積条件を表示する
  • 等級:12等級
  • 年間走行距離:10,000キロ以下
  • 免許の色:ゴールド
  • 運転者の範囲:本人・配偶者
  • 年齢条件:26歳以上補償
  • 使用目的:日常・レジャー
  • 車両保険:一般車両

見積条件は「+」をクリックすると開き、「-」をクリックすると閉じます。

見積もりする車種は、軽自動車から普通車までをランダムに抽出し、上記の見積もり条件に従って見積もりしました。

なお、保険料は見積もりする人の諸条件によって異なってきますので、下記の保険料は一応の目安としてください。

車種 保険料
(車両保険あり)
保険料
(車両保険なし)
ホンダ・NBOX 52,100円 22,600円
トヨタ・プリウス 86,200円 37,100円
トヨタ・ヴォクシー 91,500円 42,400円
ニッサン・キューブ 91,500円 42,400円
ニッサン・スカイライン 77,800円 36,000円

車種によっても保険料にバラつきがみられます。

これは、車種・型式別の「型式別車両料率クラス」の影響も考えられます。

型式別車両料率クラスは、普通車の保険料を算出する際に用いられる料率で、車種・型式ごとの過去の事故データから「損害保険料率算出機構」によって算出されます。

過去に事故が多い車種・型式であれば、型式別車両料率クラスに高い値がセットされ、事故が少なければ低い値がセットされます。

※ 型式別車両料率クラスは1~9までの9段階で、数字が大きくなるほどリスクが大きいと判断されるため、保険料も高くなります。

なお、NBOXなどの軽自動車には、車両料率クラスが現在のところ設定されていませんので、軽自動車で任意保険に入る場合は、車両料率クラスの影響を受けることはありません。

ただ、近い将来、軽自動車にも車両料率クラスが導入される予定ですから、導入されれば軽自動車の車種・型式ごとに保険料が異なることになるでしょう。

» 軽自動車に型式別料率クラスが導入されると保険料は上がるの

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

年齢条件によって保険料は安くなる

年齢が26歳になった時点で「運転者年齢条件」に「26歳以上補償」をセットできますので、26歳の誕生日を迎えた時点で保険を見直し「年齢条件」を「21歳以上補償」から「26歳以上補償」にセットし直さなければなりません。

そうすることで、保険料は結構な額が安くなりますので、忘れずに見直しをしてください。

では、年齢条件がワンランク上がった「26歳以上補償」をセットできれば、どの程度保険料は安くなるのでしょうか?

年齢
(年齢条件)
保険料
(車両保険あり)
保険料
(車両保険なし)
20歳
(年齢問わず補償)
179,910円 116,230円
21歳~25歳
(21歳以上補償)
99,950円 67,080円
26歳~29歳
(26歳以上補償)
52,100円 22,600円

これは、上記の車種別見積もりのなかの「NBOX」を、年齢条件別に試算した結果ですが、26歳~29歳(26歳以上補償)の保険料は、21歳~25歳(21歳以上補償)よりも、車両保険ありの場合で47,000円以上、車両保険なしで44,000円以上安くなっています。

年齢条件をセットできない20歳の保険料と比べれば、10万円前後の開きがあることからも、一目で大幅なダウンとなっていることが分かります。

つまり、26歳になり年齢条件に26歳以上補償をセットできれば、それだけで大幅に保険料は安くなるのです。

なお、年齢条件を設けていない保険会社もあります。

一般的には、契約者の年齢を一定の間隔で区切って保険料を算出する「年齢条件」が設けられているのですが、セゾン損保(おとなの自動車保険)のように一定の間隔で年齢を区切る年齢条件を設けず、契約者の実際の年齢で保険料を算出する保険会社もあります。

よって、こういう保険会社の場合は、1歳単位で保険料に違いがでる場合があります。

年齢条件の見直しは注意が必要

年齢条件の見直しは、21歳になったとき、26歳になったとき、30歳や35歳になったときなどに行うのですが、気をつけなければならないこともあります。

それは、年齢条件を見直し再セットするときは、「契約車両を運転する人のなかで最も年齢の若い人に合わせてセットする」ことを守らなければならないのです。

例えば、夫婦で運転する場合を考えてみると、夫が26歳でも妻が25歳なら年齢条件に「26歳以上補償」をセットすることはできません。妻が運転しないのなら「26歳以上補償」をセットしても良いのですが、そうでなければ、妻が26歳になるまでは「21歳以上補償」のままとしておかなければなりません。

妻の年齢が年齢条件の範囲内に入っていない状態で、妻が運転して事故を起こしても補償の対象外となってしまいますので注意しなければいけないのです。

年齢が26歳以上でも保険会社によって保険料は異なる

年齢が26歳以上の場合の年齢条件「26歳以上補償」は、大半の保険会社で設けられている年齢区分ですが、同じ年齢条件をセットしても保険会社によって保険料は違います。

保険会社によって、保険料にどれくらいの違いがでるのか実際に見積もりして確認してみます。

見積条件を表示する
  • 車種:ニッサン・ノート
  • 年齢:26歳
  • 年齢条件:26歳以上補償
  • 等級:12等級
  • 年間走行距離:5,000キロ以下
  • 免許:ゴールド免許
  • 運転者の範囲:夫婦
  • 使用目的:日常・レジャー
保険会社 保険料
(車両保険あり)
保険料
(車両保険なし)
ソニー損保 59,440円 29,910円
イーデザイン損保 38,700円 28,110円

上記の2社で同一条件による見積もりをしてみましたが、保険会社によって保険料に差がでる結果となりました。

よって、年齢条件が同じであっても保険料は保険会社によって異なることになりますので、保険料を基準に保険会社を選ぶのであれば、ネットの一括見積サービスを利用して、複数の保険会社から見積もりを取り寄せ比較し、申し込みをする保険会社を選ぶと良いでしょう。

自動車保険の保険料を安くするためのは、「①ネット自動車保険を選ぶ、②複数の保険会社で保険料を比較する」ことが保険料を安くするためのポイントとなります。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

年齢別の保険料の目安
自動車保険の匠