自動車保険の保険料の支払いにデビットカードは使えるの?

デビットカード・クレジットカードのイメージ

自動車保険の保険料を支払う方法は幾つかあります。

最も一般的な支払い方法は、一括で支払うのなら「クレジットカード払い」「コンビニ払い」や「銀行振り込み」、月払いで支払うなら「クレジットカード払い」や「口座振替」といったところでしょうか。

ここで気になるのが、クレジットカードと同様の機能を持つ「デビットカード」を保険料の支払いに使えるかということです。

ここでは、保険料の支払いにデビットカードが使える保険会社について紹介していきます。

デビットカードが使える保険会社は限られている

一般的な支払い方法は以下に挙げたものです。

保険料を支払う方法

  1. 口座振替
  2. クレジットカード払い
  3. コンビニ払い
  4. 銀行・ゆうちょで振込み

近年では、上記で挙げた支払い方法のなかで保険料の支払いにクレジットカードを利用する人が増えているそうで、この背景には、保険料の支払い方法として「クレジットカード」しか選択できない保険会社が増えていることにあるようです。

クレジットカードの機能を使うことで、一括払いの保険料を分割で支払うことも可能なため、一時に大きな金額を支出しなくてもよく、契約者としてもメリットのある支払い方法なのかもしれません。

また、保険会社からしても、保険料を確実に支払ってもらえるクレジットカード払いが良いということなのでしょう。クレジットカード会社から確実に保険料分の金額が入金されますから、保険会社としても取りはぐれることのない確実な方法ということなのです。

では、デビットカードの場合はどうなのでしょうか?

デビットカードには、VISAデビットカードやJCBデビットカードなどの種類があって、通常のクレジットカードと同様の使い方ができます。

ただし、クレジットカードのように分割で代金の支払いができるわけではなく、代金の支払いは常に一括払いとなるのが特徴です。

そのため、銀行に常にお金が入っている状態でなければ利用することができません。

デビットカードが使える保険会社

保険会社のイメージ

  • SBI損保… 通販型の保険会社
  • ソニー損保… 通販型の保険会社
  • チューリッヒ… 通販型の保険会社
  • 損保ジャパン… 代理店型の保険会社

SBI損保の場合は、VISAブランドのデビットカードのみが利用できます。他のブランドのデビットカードは使うことができません。

ソニー損保は、VISA、JCB、MASTERブランドのデビットカードであれば利用可能なカードがあります。ただし、どのブランドのデビットカードであれば使えるかは、ホームページ上に明記されていませんので、申し込みをする前の事前確認が必要です。

チューリッヒの場合は、チューリッヒのホームページ上に下記のように記載されています。

デビットカード払いは利用できますか?

A 回答
当社でご利用いただけるクレジットカード会社と提携されたものである場合はご利用いただける可能性がございます。 各種インターネット通販へのご利用可否につきましてはカード会社とのご契約内容によりお客様ごとに条件が異なりますので、カード会社へご確認をお願いいたします。

さらに、デビットカード(VISAデビット・JCBデビットなど)、プリペードカードはご利用いただけません。国内発行のクレジットカードをご指定ください。

※ チューリッヒより

このように何とも曖昧な表現となっていますので、チューリッヒでデビットカードを利用するのなら、直接、保険会社に問い合わせた方がよさそうです。

損保ジャパンは、VISAデビットカードのみ利用することが可能です。その他のデビットカード、プリペイド式クレジットカードは利用できません。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

まとめ

保険料の支払いにデビットカードが使えるのは、現時点では、ごく限られた保険会社のみとなっているのが現状です。

デビットカードは、カードを作る際の審査もなく、カードを作る銀行に口座さえ開設してあれば誰でもが作ることができます。よって、信用能力という点では、クレジットカードに劣ると判断されているのかもしれません。

もしくは、銀行残高が不足しているときに口座引き落としができなくなることを避けるために、デビットカードは不可としているのかもしれませんが、真相は定かではありません。

そのため、クレジットカードは使えてもデビットカードは使えないとしている保険会社が大半を占めているのです。

なお、ホームページ上に明確にデビットカードの利用についての記載がない保険会社もありますので、自分の加入したい保険会社でデビットカードが使えるかどうか確認したいのであれば、直接、保険会社に連絡をとると良いでしょう。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

保険料の基礎
自動車保険の匠