自動車保険の走行距離による保険料の差はどれくらいなのか

自動車保険契約のイメージ

通販型の自動車保険でも、年間の走行距離によって保険料に差がでます。

よくCMで流れているように「保険料は走る分だけ」というものですが、実際に走行距離によって保険料はどれくらい違うのでしょうか?検証してみましょう。

走る分だけの保険料

近年の自動車保険は「リスク細分型」の自動車保険と言われていて、走行距離、年齢、運転者の範囲、車の種類などをリスク要因と捉え、それぞれのリスク度合いに応じて保険料を算出するシステムになっています。

今回のテーマである「走行距離」についても、年間で走る距離が長くなれば、それだけ事故に遭う確率が高くなることから「リスク大」と判断し、年間走行距離が短ければ「リスク小」と判断するのです。

このリスク度合いに応じて、保険料が算出されますので、必然的に走行距離が多ければ保険料が高くなり、走行距離が少なければ保険料は安くなるというわけです。

これが「走る分だけの保険料」のからくりなのです。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

走行距離は契約時に告知するもの

自動車保険の告知を忘れたイメージ

既にご承知のこととは思いますが、走行距離(正しくは、年間走行距離)は保険契約時に告知する項目に含まれています。

つまり、これから1年間の保険期間で、どれくらい走るかを予め保険会社に対して通知しておく必要があるのです。

しかし、長い保険期間の間には、車の使い方が変わるかもしれませんし、または、予想に反して多く走ったという場合も考えられます。

このように、当初に申告した走行距離よりも多く走ってしまった!という場合は、どうしたら良いのでしょうか?この場合、保険料には影響するのでしょうか?気になるところです。

これを考える場合は、通販型各社の「年間走行距離」の考え方を理解しなければなりません。

なお、新規で自動車保険に加入する場合は、年間走行距離の申告は必要ありません。年間走行距離を幾つかの走行距離区分(年間走行距離は幾つかの区分けから選ぶ形式になっています)から選ばなければならない場合は、凡その走行距離を申告してください。

保険会社の年間走行距離の定義

年間走行距離の考え方は、保険会社によって異なります。

年間走行距離を「過去1年間で走った距離」で申告する会社と、「これから1年間で走る予想距離」で申告する会社に分かれています。

通販型の保険会社別にまとめると次のようになります。

過去1年間で走った距離を申告

  • セゾン損保(おとなの自動車保険)
  • イーデザイン損保
  • SBI損保
  • 三井ダイレクト
  • そんぽ24

これからの1年間で走る予想距離を申告

  • ソニー損保
  • アクサダイレクト
  • チューリッヒ

過去の走行距離実績で申告する会社は変更手続きが不要

契約時に告知した年間走行距離がオーバーした場合、つまり、当初に申告した走行距離よりも多く走ってしまった場合であっても、走行距離を「過去1年間の実績」で申告する会社の場合は、契約期間中に走行距離がオーバーしても、何の手続きも必要ないのです。

しかし、今後の1年間で走る距離を申告する保険会社の場合は、保険期間中に走行距離がオーバーすれば、年間走行距離の変更手続きが必要になります。

ソニー損保のケース

例えば、今後の1年間で走る距離を申告する保険会社のソニー損保の場合は、年間走行距離を距離数に応じた「契約距離区分」で表していますのが、この契約距離区分を超過して走行した場合でも補償には影響を及ぼしません。ただし、変更日から満期日までの差額保険料を支払うことで補償が継続されます。

なお、保険契約に「こえても安心サービス」をセットしている場合は、契約距離区分を超えても保険会社への連絡・手続や追加保険料の支払いは不要です。

※ 「こえても安心サービス」は、ソニー損保独自のサービスです。

他の「今後の1年間で走る距離を申告する保険会社」の場合でも、変更手続を行い差額の保険料を支払ってさえいれば、補償は継続されると考えて良いでしょう。

年間走行距離をセットする場合の目安

下記の「契約距離区分」と「車の使い方の目安」は、今後の1年間で走る距離を申告する保険会社のソニー損保の場合ですが、走行距離が多ければ保険料は高く少なければ保険料は安くなります。

契約距離区分 車の使い方の目安
3,000㎞以下 あまり乗らない
5,000㎞以下 近所での買い物がメイン
7,000㎞以下 片道30分くらいの通勤・通学
9,000㎞以下 休日のドライブや小旅行
11,000㎞以下 片道1時間くらいの通勤・通学
16,000㎞以下 毎日長距離を走る
無制限 毎日かなりの長距離を走る

また、過去1年間で走った距離を申告する保険会社のイーデザイン損保の場合も、下記のように距離区分が設けられています。

距離区分 車の使い方の目安
3,000㎞以下 休日に近隣で買い物など
5,000㎞以下 平日・休日に近所での買い物がメイン
10,000㎞以下 平日・休日に近所での買い物やレジャー
15,000㎞以下 休日のドライブや小旅行
20,000㎞以下
20,000㎞超

なお、他社でもソニー損保やイーデザイン損保と同じような「距離区分」が設けられていますので、自分の車の使い方に応じた「距離区分」を選択してください。

走行距離による保険料の差はどれくらい

では、年間走行距離を区分する「契約距離」によって、保険料にどのくらいの差がでるのか、実際に保険会社で見積もりしたものを載せておきますので、「年間走行距離」に対応する「距離区分」を選択する際の参考にしてください。

  • 年齢:35歳
  • 年齢条件:30歳以上補償
  • 運転者の範囲:本人と配偶者
  • 車種:ホンダ・フィット
  • 等級:15等級
  • 事故有係数適用期間:0年
  • 免許:ブルー免許
  • 使用目的:日常・レジャー
  • 車両保険:なし

この条件で、走行距離によって保険料にどの程度の開きがでるのか確認してみます。

なお、見積もりは保険料が比較的安いと言われている「イーデザイン損保」のネット見積もりを利用しています。

距離区分 保険料の目安
3,000㎞以下 22,360円
5,000㎞以下 22,660円
10,000㎞以下 26,410円
15,000㎞以下 26,640円
20,000㎞以下 33,820円
20,000㎞超 35,600円

見積もりの結果は、等級が15等級であること、年齢条件に30歳以上補償をセットできること、車両保険を付帯していないことなどが功を奏して、比較的安い保険料となっていますが、年間走行距離に対応する「距離区分」に何を選ぶかでも保険料は異なってきます。

年間で2万キロを超える距離を走る人であれば、車両保険を付けない状態で35,000円以上の保険料となりますし、これに車両保険の一般車両型を付帯すれば、負担しなければならない保険料は60,000円~70,000円程度となることが予想されます。

年間走行距離による保険料の差は、最小と最大を比べても10,000円程度の差ですが、保険料の負担は小さければ小さいほど良いので、満期となる時期にあわせて保険料の安い保険会社へ乗り換えるなどの対策を試みると良いでしょう。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

保険料の基礎
自動車保険の匠