自動車保険を使うと保険料は高くなるの?保険料が上がらない保険はあるの?

自動車保険の契約のイメージ

事故を起こして自動車保険を使うと保険料が高くなります。

今や自動車保険に加入している人の割合は8割を超えていますので、車で事故を起こしたら自動車保険に頼るというのが当たり前になっています。しかし、保険を使うと等級が下がり保険料が上がるということも頭に入れておかなければなりません。

ただ、保険を使えば必ず保険料が上がるわけではなく、保険を使っても保険料に影響しない場合もありますので、ここでは、それらを整理しておきましょう。

任意保険は複数の保険で構成されている

まず自動車保険の補償の種類を理解しておきましょう。

一つ目は事故を起こし損害賠償責任を負った場合に、その損害をカバーしてくれる保険です。

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険

これらの保険が被害者の損害をカバーする保険に当たります。保険の名前の通り損害賠償のための「賠償保険」です。

対人賠償保険は、人が絡む事故を起こし、被害者に対して損害賠償をしなければならない場合に使われる保険で、対物賠償保険は、他人の所有物に損害を与え、その損害を賠償しなければならないときに使う保険です。

二つ目は傷害保険です。

自動車保険の傷害保険は、事故で契約車両に乗っていた運転者及び同乗者がケガをしたり死亡した場合に補償される保険です。

  • 人身傷害保険
  • 搭乗者傷害保険

これらの保険が傷害保険にあたります。

最後が、車両保険です。

車両保険は、契約車両が事故や自然災害などで損害を負った場合に補償され保険金が支払われるものです。

上記を整理すると

  • 賠償保険… 対人賠償保険や対物賠償保険
  • 傷害保険… 人身傷害保険や搭乗者傷害保険
  • 車両保険… 車両保険

これが自動車保険の基本的な補償構造となるのです。

では、これらの保険を使った場合に、等級が下がり保険料が上がるのはどの保険で、保険料に影響しないのはどの保険なのかをみていきます。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

対人賠償保険や対物賠償保険を使うと保険料は上がる

等級が下がるイメージ

事故の被害者を救済する目的の賠償保険である対人賠償保険や対物賠償保険を使うと、等級は3等級ダウンし、それに伴って保険料が上がります。これを「3等級ダウン事故」といいます。

しかも、ダウン後の等級は「事故あり等級」という、一種のペナルティ的な等級となるため、保険料の割引率が通常の事故なし等級の場合よりも低下してしまいます。

例えば、現在12等級の人が3等級ダウンし「事故あり等級」の9等級となれば、保険料の割引率は22%となります。通常の、「事故なし等級」の9等級が43%の割引率ですから、その差は厳然たるものです。

なお、事故で任意保険の保険金を請求した場合でも、保険金の支払が実行されなかった場合は等級ダウンとはなりません。

具体的にいえば、人身事故で対人賠償保険の支払い対象となった場合でも、被害者のケガの程度が軽微で、自賠責保険の補償額(120万円上限)だけで十分であった場合です。

このケースの場合であれば、被害者への賠償は自賠責保険だけで完結し、任意保険から保険金は支払われていませんので、等級ダウンにはならないのです。

車両保険を使うと等級がダウンする

車両保険を使った場合も3等級ダウン(3等級ダウン事故)し保険料は上がります。

ただし、車両保険を使うことになった事故の種類によっては、1等級ダウン(1等級ダウン事故と言います)となることもあります。この場合は、翌年から1年間の短期間だけ、通常よりも保険料が高くなります。

車同士の事故、当て逃げの補償(相手が不明の事故も含む)、単独事故の補償などで車両保険を使うと3等級ダウンとなりますが、物が飛んできて損害を被った場合、台風・竜巻・洪水・高潮の場合、落書・いたずらされた場合、盗難に遭った場合などでは、1等級ダウンとなります。

整理すると

  • 3等級ダウン… 車同士の事故、当て逃げ、単独事故
  • 1等級ダウン… 盗難、落書き・いたずら、自然災害、飛来物・落下物との衝突

なお、単独事故というのは、相手のいない事故、つまり、自分一人で起こした事故のことで、例えば、運転を誤って電柱やガードレールに衝突したとか、車庫入れ中にガレージの壁にぶつけたとう場合をいいます。

人身傷害保険や搭乗者傷害保険を使っても保険料は上がらない

人身傷害保険や搭乗者傷害保険は、運転者や同乗者のケガなどを補償するための「傷害保険」なのですが、事故を起こし傷害保険だけを使っても等級は下がりませんんし、保険料も上がらないのです。

人身傷害保険や搭乗者傷害保険を使っても、保険会社はノーカウント事故(事故としてカウントしない)として扱うため等級や保険料に影響を及ぼすことはないのです。

傷害保険の人身傷害保険であれば、車に乗っているときに死傷した場合の補償の他、歩行中や他の車に乗っている場合での事故でも補償されるタイプがありますので、自分や家族などの同乗者のケガなどに備えるためにも加入して損のない保険です。

なお、人身傷害保険や搭乗者傷害保険の他にも、使っても等級が下がらず保険料も上がらないものがあります。

例えば、弁護士費用特約、ファミリーバイク特約、個人賠償責任保険(個人賠償責任特約)などが代表的なものです。

特に、弁護士費用特約や個人賠償責任保険(個人賠償責任特約)は、いざというときに役に立つものですから、自動車保険への付帯を検討しても良いかもしれません。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

保険料の基礎
自動車保険の匠