自動車保険の保険料を滞納したらどうなるの?

保険料の滞納で焦る人のイメージ

自動車保険の保険料を滞納した場合、任意保険の契約はどうなるのでしょうか?解約されてしまうのでしょうか?

ここでは、保険料の滞納となった場合の対処法について詳しくみていきましょう。

滞納となっても即契約解除にはならない

自動車保険の保険料を滞納した場合でも、即刻、契約が解除(解約)されてしまう訳ではありません。保険料の支払いには「支払い猶予期間」がありますので、その期間内に滞納が解消されれば保険契約は継続されます。

滞納は何故起こる?

そもそも滞納は何故起こるのでしょうか?

自動車保険の保険料で「滞納」と聞いてもピンとこない人もいることでしょう。通常、自動車保険の保険料は一括で支払う場合が多いので、この場合なら滞納などということは起きにくくなります。

クレジットカードを利用する場合でも、引き落とし口座に残高が保険料以上に入っていれば滞納などという事態にはなりません。残高が不足してもいて引き落とし不能となっても、保険会社にはクレジットカード会社から保険料相当額が入金されていますので、保険料の滞納などという事態は発生しません。

考えられるとすれば、保険料の支払い期日までに保険料を振り込まなかった場合や、コンビニ払いを選択していたにも関わらずコンビニに行くのを忘れていた場合などではないでしょうか。

もしくは、保険料を月払いにしていて保険料の支払いが遅れた場合かもしれません。

保険料の月払いは滞納に気をつける

一括払いよりも月払いの場合の方が滞納や延滞にならないよう気をつける必要があります。

月払いの場合は、引き落とし指定日に口座から保険料が引き落としされますが、その際に口座残高が不足していたら滞納という扱いになってしまいます(口座振替の場合)。

ただ、口座引き落としができなくても、即契約の解除とはなりません(支払い猶予期間があるからです)。引き落としできなかった翌月に2ヶ月分の保険料が引き落としされますので、それまでに口座入金していれば、まとめて引き落としされます。(ソニー損保の場合)

しかし、2カ月続けて保険料が引き落としされなかった場合は、保険の効力が失われた状態の失効となる可能性がありますので注意しなければなりません。最悪、契約の解除という事態にも発展しかねませんので、必ず口座残高には気を配ってください。

また、契約の解除とまでならなくても、残りの月数分の保険料を一括で支払うよう要求される場合もあるようです。

ソニー損保の場合は、このような取り扱いになっていますが、他の保険会社の場合は異なる対応となる場合もありますので、保険料が引き落とされなかった場合は、至急、保険会社に連絡し対処法を聞いておく必要があります。

事故を起こしたときの補償はどうなる

保険料の滞納や延滞が起きた状態でも補償は継続されていますので、事故を起こした場合でも任意保険を使うことはできます。

しかし、2ヶ月連続して滞納や延滞となった場合は、前述したように「保険の効力が失われた状態」となる可能性が大きくなりますので、連続して保険料が支払われていない場合は、事故の場合でも任意保険をは使えない可能性が大きくなります(なお、保険会社によって滞納や延滞の場合の補償の対応が異なる場合がありますので注意してください)。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

滞納で契約が解除されたら新たに保険に入れるの?

滞納や延滞が原因で任意保険が解除されたとしても、新たに保険の契約をすることは可能ですが、今までと同じ保険会社であれば、新規契約を断られる可能性があります。

また、今までと違う保険会社で契約した場合でも、過去に保険料の滞納や延滞などがあれば、新しい契約でも保険料の月払いができない場合がありますので、延滞や滞納には気をつけなければならないのです。

その他、新しく入る保険は「新規契約」となりますので、等級は任意保険のスタート時点の等級の6等級から始めることになります(今までの保険契約を引き継ぐことはできません。従って、等級も引き継ぐこともできません)。

新規契約時の6等級となれば保険料も相当に上がることになりますし、今まで積み上げてきた等級もクリアされてしまうことになりますので、保険料の滞納などには十分に気をつける必要があるのです。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

保険料の基礎
自動車保険の匠