軽自動車の車検費用の目安はどれくらい?

車検を受ける車のイメージ

軽自動車で車検を受けるときの「車検費用」ってどれくらいなのでしょうか?普通車と同じくらいの料金がかかってしまうのでしょうか?

ここでは、軽自動車の車検費用の目安について詳しくみていきます。

軽自動車の車検費用:法定費用はどれくらい

費用項目 料金
自賠責保険料 25,070円(車検時24ヶ月分の保険料)
重量税 6,600円(新車登録から13年未満)
検査手数料
(印紙代)
1,100円(指定工場の場合「認証工場やユーザー車検は1,400円」)
合計 32,770円

車検の際の諸条件(新車登録から13年経過の場合は重量税8,800円など)によって多少異なりますが、最低でも上記くらいの費用がかかることになります。この他にも点検費用や交換部品の代金などが必要になりますので、車検料金全体としては、もう少し費用が発生することになります。

なお、法定費用は、ディーラーで車検を受けても、ガソリンスタンドやカー用品店で車検を通しても同じ額となります。ディーラーとその他のガソリンスタンドなどとの料金の違いは、法定費用以外の点検料金によるものが大きくなります。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

軽自動車の車検はどこが安いの

軽自動車で車検を受ける場合、できるだけ車検の料金を安く抑えたいというのであれば、ディーラー以外が費用的には安くあがります。

では、車検を受けられる場所ごとに、凡その車検費用をみてみましょう。

車検を受ける場所による車検費用の目安

車検の場所 車検の凡その金額(目安)
ディーラー 法定費用+4万円~10万円
車検専門店 法定費用+2万円~8万円
民間整備工場 法定費用+2万円~8万円
カー用品店 法定費用+2万円~6万円
ガソリンスタンド 法定費用+2万円~6万円
車検代行 法定費用+1万円~3万円
ユーザー車検 法定費用のみ

それぞれのメリット・デメリット

ディーラーの場合

一般的にディーラーの車検は高くなります。

ディーラーで車検を受けた場合の費用は、法定費用も含めて10万円くらいが一応の目安になります。ただ、交換部品が多かったり修理箇所がある場合は費用も大きくなりますので、比較的年式の新しい軽自動車の場合と考えてください。

年式が古くなれば、交換部品も増えますし、修理しなければならない箇所もでてくる可能性が大きくなりますので、法定費用も含めて10万円以上の費用がかかることもあります。

ディーラー車検の場合は、車を隅から隅まで細かく点検し整備してくれますので、安心して乗り続けることはできますが、その分費用もかかってしまいます。また、まだ使えるかもしれない部品の交換(安全性を重視して)をすることもありますので、費用は高くなる傾向にあるのです。

車検専門店の場合

車検専門店は近年増加の傾向にあるようですが、基本的に車検を通すことを目的としていますので、車検に必要ない項目については点検整備は行いません。

例えば、車検専門店で有名なコバックの場合は、車検に要する時間が30分~とするプランがあり、このプランだと法定点検(56項目)、完成検査、登録申請のみを行いますので、格安な料金で車検を通すことができるようです。

ちなみに、料金は以下のようになっています(軽自動車の場合)。

  • 車検基本料: 9,500円
  • 自賠責保険: 25,070円
  • 重量税: 6,600円
  • 印紙代: 1,100円

これらの費用の合計で42,270円で車検を受けることができます(コバックのホームページ上より)。なお、部品交換の必要があれば、費用も大きくなります。

日ごろから定期点検などをコマ目に行っている場合であれば、車検専門店に車検を依頼しても良いでしょう。

民間整備工場の場合

民間整備工場や修理工場で車検を受ける場合、ディーラーの場合よりも安い料金となりますが、個々の整備工場によって金額にはバラつきがありますし、技術の程度にも違いがあります。また、民間整備工場で車検を通す場合、その整備工場が「指定工場」なのか「認証工場」なのかによって多少の違いがあります。

指定工場の場合は、整備から車検までを自社で完結させることができますが、認証工場の場合は、自社で整備を行い、その後、車検場に持ち込んで車検を受けることになります。

車検料金的には、どちらの場合でも同じくらいの金額になりますが、車検を通すまでの手順が少し違うことになります。

カー用品店とガソリンスタンドの場合

費用的にみれば、ガソリンスタンドやカー用品店(オートバックスやイエローハットなど)は車検費用を安くあげることができます。ただ、ガソリンスタンドやカー用品店の場合でも、交換部品があったり修理箇所があるのであれば、それ程安い金額にはなりません。

ガソリンスタンドやカー用品店は店舗数が多いという事もあって、比較的利用しやすいのかもしれませんが、車検の品質という面では多少のデメリットがあるかもしれません。この点は、民間の整備工場と同じでしょう。

車検代行の場合

ユーザー車検を代行してくれ業者に依頼する場合のことを言います。

費用的には、上記に挙げたように1~3万円程度と安価に車検を行うことができますが、点検整備などは行われませんので、その後の車の調子が不調であっても全て自己責任で対応するしかありません。

ユーザー車検の場合

ユーザー自身が検査場に車を持ち込んで行う車検です。

これが車検費用が最も安くなる車検です。かかる費用は法定費用のみですから、車に詳しく、かつ、車検費用を節約した人には適しているかもしれません。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

軽自動車
自動車保険の匠